TOP > 花の寺・花の旅とは

花の寺・花の旅とは

藤井加工

四季折々に美しい表情を見せる日本。
全国各地、花の咲く寺を巡って日本を再発見しませんか。
「日本を見つめ直そう」をテーマに、新しい旅のカタチを提案し続ける、旅のジャーナリスト藤井文子(ふじいふみこ)の運営サイトです。

1998年の「小さな町、小さな旅」の提案では、“あまり知られていないけれど”、歴史や文化があって、住民の息づかいが感じられる小さな町を紹介し、旅のスタイルを大きく変えました。
そのコンセプトは地域再発見の旅として、多くの地域行政、出版社、編集者、旅関係者に影響を与え、その心地よいフレーズは今でも旅へのいざないを誘発してくれます。

今回、新たな旅のカタチを模索するべく、「花の寺・花の旅」サイトを立ち上げました。
花好き・寺好き・歴史好き・写真好き・旅好きの老若男女があつまり、今、リアルタイムで咲競う全国の「花の寺・花の旅」の情報を、当サイトへの投稿を通じ、Webの新着情報、ブログ、ソーシャルメディアの代名詞と言われるFB(フェースブック)への展開を通じて相互交流をはかり、心癒される場として位置付けるとともに「花の寺・花の旅」めぐりを通じて、新たな旅のカタチを提案することを目的にしています。

新しい旅のスタイル研究所、「花の寺花の旅」運営委員会

  • Evernoteにクリップ